漢方内科


外来診察 担当医一覧表

完全予約診療
  ※平成26年5月13日から診察スタート♪

診療科目
漢方内科 ・・・ 13:00~16:00
辻井千恵子
(予約診療)
・・・ ・・・ ・・・ ・・・

当科の概要

当院の漢方内科は、完全予約制で、診療科の区別なく、心身の区別なく、漢方独自の診察(望診、問診、脈診、舌診、腹診)を行い、証に合わせ、また気・血・水の滞りや過不足に合わせて、漢方薬を処方します。

漢方薬の効果はだいたい2週間くらいでわかってきますので、合わない場合は違う処方に変えていきます。即効性のある漢方薬もありますので、風邪、花粉症、便秘、こむら返りなどは1包で効果がわかるものもあります。

薬は漢方エキス剤でほとんどが顆粒状です。錠剤しか飲めない方には、溶かして飲んでいただくか、錠剤のある漢方薬もありますので、ご相談させていただきます。(また、生薬で改善が見込まれる方には、生薬の煎じ薬(保険)を出せる医療機関をご紹介させていただきます。)

漢方薬も薬ですので、副作用が出る場合があります。多いのは、甘草による浮腫・血圧上昇、麻黄による胃腸障害・動悸、地黄による胃もたれです。服薬をやめると改善します。頻度は少ないですが、肝機能障害・間質性肺炎は証が合っていても起こることがあり重症化することがあり注意が必要です。漫然と同じ処方を続けず、症状が良くなったら、薬をそのときの証に合わせて変えていったり、中止して様子をみます。

全身の症状をお聞きして、心身両面からお話しさせていただきます。初診は30分、再診は15分くらいを目安に 完全予約制 で診察させていただきます。

現在、他院でも漢方外来をさせていただいておりますが、気の滞り(気滞・気鬱)、気の上昇(気逆)からくる症状で困っていらっしゃる方が多く、必要に応じて、気を下げる方法や不安を解消していく方法などもお話しさせていただきます。


対象となる疾患・症状

西洋医学的治療でなかなか解決できない様々な症状のある方
西洋薬に副作用のある方
西洋薬を減らしたい方
漢方薬を飲んでみたい方  etc

具体的には …

冷え、むくみ、めまい、ふらふらする、地に足がつかない、頭痛、のぼせ
動悸、食欲不振、下痢、便秘、胃痛、腹痛、胸焼け、お腹が張る、咳が続く
肩こり、腰痛、しびれ、不安、不眠、イライラ、意欲の低下、虚弱体質
アレルギー体質、喉や胸が詰まっている感じ … などの症状