理念と基本方針

≪法人理念≫
心の医療をもって地域住民に貢献する

≪西奈良中央病院の基本方針≫
  1. 奈良市西部地域の中核病院として、地域の医療・介護・福祉施設と連携を密接にし、地域包括ケアシステムの構築を目指すとともに住民の生命を守り、健康の増進を図ります。
  2. 私たちは、地域に住む人々に、医療における安全を重視し、信頼と安心を提供できる病院を目指します。
  3. 私たちは、「病気を診るだけでなく人を癒す病院」として患者様とご家族の心を思いやり、共に考え、患者様中心の医療を目指します。
  4. 私たちは、地域住民が安心して暮らせるよう、救急医療体制の充実を図ります。
  5. 私たちは、自己研鑽に励み、全職員が一丸となってチーム医療を実践し、良質な医療の提供に努めます。
  6. 私たちは、優れた医療人を育成し、明るく働きがいのある病院を創ります。

                                                H29.5.1改定


患者憲章

社会医療法人松本快生会西奈良中央病院の職員一同は、下記に掲げました≪患者憲章≫を十分に尊重しながら、地域の皆様方に慶ばれ、かつ満足していただける医療を実践していきたいと願っております。

  1. 人格を尊重され、安全で良質な医療を公平に受ける権利
    患者さまは、いかなる病気にかかっても、人格を尊重され、医療提供者との相互協力のもとで適切で最善の医療を公平に受ける権利があります。
  2. インフォームドコンセントと自己決定権の権利
    患者さまは医療従事者から、検査や治療などに関して患者さまが理解できる言葉で十分説明を受け、納得と同意の上で適切な医療を選択し、受ける権利があります。さらにセカンドオピニオン(別の医師の意見)を得る権利があります。
  3. プライバシー保護の権利
    患者さまは、診療の過程で得られた個人情報については保護される権利があります。
  4. 情報開示の権利
    患者さまは、病気や医療の内容に関して、必要な情報を知る権利があります。
  5. 患者さまの責務
    患者さまは、医療提供者が状態や治療について的確な判断を行っていくため、患者さま自身の健康に関する情報をできるだけ正確に医療提供者へ伝えていただき、病院の定めた規則を守っていただく責務があります。
    下記の行為を行った場合は退院をしていただくこともございます。

    • 他患者さま、あるいは病院職員に対する暴言・暴力・威嚇・侮辱ないし病院内での器物破損及び その他セクシュアルハラスメントなどの迷惑行為を行った場合、もしくはその恐れが強い場合
    • 解決しがたい要求を繰り返し行うなど、円滑な診療や業務を妨害する行為をとった場合
    • 正当な理由なく医師の指示に従わない場合
    • 院内において飲酒・喫煙を行った場合
    • その他、病院内の風紀・秩序を乱す行為を行った場合