病院沿革

社会医療法人松本快生会 西奈良中央病院は、日本国が 「もはや戦後ではない 」 という名文句で知られる経済白書を発表した昭和31年、国民の生活はまだまだ豊かなものではなく、亡国病と怖れられ偏見すら持たれていた結核患者の発生が高率なことに、創立者の一人である若き医学徒 松本 功 が、地域医療の重要性を痛感し、松本家一族の援助と、母校奈良県立医科大学の支援を受けて、医療法人 松本病院を開設したことに始まる。

昭和31年 7月
医療法人松本病院として、
      創立・開院 ( 病床36床
代表理事:松本伍史
理事建設者:松本雅司
理事院長:松本 功
理事:堤 健次、森岡征太郎、有山 清
監事:松山元一
昭和32年 5月
第2病棟 新築
昭和33年 2月
  11月
一般病床8床 増設 (一般病棟8床、結核病棟78床  合計86床
基準看護実施
昭和34年 7月
附属第一診療所を開設( 富雄駅近く )
昭和35年 12月
基準寝具採用
昭和37年 6月
別館(鉄筋コンクリート造2階建) 増築
(一般病床28床、結核病棟78床  合計106床
昭和39年 8月
  9月
救急病院の指定
附属鶴舞診療所を開設 (昭和49年8月廃止)
昭和41年 9月
附属富雄団地診療所を開設 (昭和51年8月廃止)
昭和48年 5月
   
  6月
  9月
本館病棟鉄筋コンクリート造4階建に改築
(一般病床48床、結核病床58床  合計106床
医療法人松本快生会 西奈良中央病院と改称
人工透析部門を新設し、11基で治療開始
昭和51年 9月
附属第一診療所を富雄駅南側(白井ビル1階)に移転
昭和52年 4月
松本 伍史  理事長職辞し名誉会長に就任
理事長に、松本 功 就任  病院長に、石井康雄 医師 就任
昭和53年 11月
  12月
西館鉄筋コンクリート造4階建 増築
人工透析治療機31基に増設
整形外科 月・水・金の診療開始
昭和61年 1月
  10月
   
   
  11月
   
理事長 松本 功、病院長 兼任となる
東病棟鉄筋コンクリート造3階建 新築
(東病棟46床、本館病棟70床
    別館病棟22床  合計138床
CTスキャナ装置 設置
人工透析治療機47基に増設
昭和63年 4月
  9月
理学療法科の診療開始
人間ドック開設
平成元年 1月
結核病棟 閉鎖 (東病棟53床、本館病棟87床  合計140床
平成2年 7月
  10月
外来 内科3診体制 開始(土曜日のみ)
訪問診療 開始
平成3年 5月
泌尿器科 毎週金曜日 午後 予約診療 開始
平成4年 1月
  4月
  9月
診断用X線装置一式 設置
訪問看護 ( 外来 ) 実施
健康管理センター (人間ドックとして) 発足
平成5年 1月
  5月
  7月
10月
附属鍼灸治療所 開設
院内保育所 設置
整形外科 外来常設
MRI装置 設置
平成6年 6月
消防用設備スプリンクラー設置工事開始
平成7年 2月
  3月
  4月
   
  8月
食事療養費特別管理加算 ( 適時適温給食 ) 実施
薬剤管理指導実施
基準看護 特3類 ( 東病棟 )
訪問看護ステーション 「 なでしこ 」 開設
骨密度測定 開始
平成8年 9月
医療法改定により理学診療科をリハビリテーション科に改称
平成9年 3月
  10月
車イス・ストレッチャー固定装置仕様車購入
「 医療福祉相談室 」 設置 ( 「 医療ソーシャルワーカー 」 勤務 )
平成10年 8月
新館 ( 管理棟・人工透析室・MRI室・手術室 ) 竣工
平成11年 4月
   
  6月
   
   
   
  7月
  8月
  12月
泌尿器科 外来常設
事務局・医事課外来係業務委託
改築による増床
西病棟ナースステーションを増設
在宅介護支援センター 開設 ( 奈良市委託事業 )
看護基準 新看護2.5:1看護 ( 全病棟 )
増床承認 ( 一般病床169床 )
1.5テスラーMRI 装置導入
訪問看護ステーション 「 さわやか 」 開設
夜間看護加算、I-b ( 東館・西館 )・I-c ( 本館 ) に申請
平成12年 4月
   
   
  6月
  8月
  11月
  12月
診療報酬改正に伴い、入院基本料2申請
( 医学管理料と看護料の統合 )
奈良マイクロサージャリー・手の外科研究所 開設
更正(育成)医療機関に承認
新駐車場完成 ( 駐車台数120台 )
CR機導入
東館増床 ( 本館61床・東館54床・西館43床、健管13床  合計171床
平成13年 7月
   
  9月
西奈良中央病院 創立45周年
本館病棟、夜間3交代制を2交代制に変更
本館病棟、夜間看護加算 I-c から I-b へ申請
平成14年 4月
  5月
  12月
外来新築拡張工事 完成
「 地域医療連絡室 」 設置
人工透析治療機49基に増設
平成15年 1月
  4月
病院長に、藤本隆由 医師 就任
ヘルパーステーション 開設
平成16年 4月
  10月
  11月
ホームページ・全面リニューアル
土・日曜日の緊急時対応  2診体制の導入
亜急性期病床設置
(本館57床、東館54床、西館43床、健管13床  合計167床
平成17年 3月
  4月
   
  5月
  6月
附属第一診療所 閉院
介護老人保健施設 「大和田の里」 開設
併設の附属丸山診療所 開設
西奈良中央病院 夜間診療 廃止
広報誌 「はぁ~と通心」 創刊号 発行
病院機能評価 Ver.4 受審
平成18年 3月
   
   
  4月
   
  5月
   
  6月
  7月
  10月
  11月
  12月
マンモグラフィ(乳房X線撮影)装置 新規導入
デジタルX線撮影システム リニューアル
16チャンネルマルチスライスCT 新規導入
骨密度測定器 リニューアル
新看護基準 10:1 承認 ( 全病棟 )
在宅介護支援センター 閉鎖
ケアプランセンター 開設
松本 功 理事長退任し、会長就任
松本 宗明 理事長就任
(財)日本医療機能評価機構ver.4 認定病院となる
創立50周年を迎える( 創立記念日:7月21日 )
体外衝撃波結石破砕装置 (ESWL) 新規導入
医療安全管理室 を設置
マンモグラフィ検診施設 認定病院となる
平成19年 3月
  5月
   
  7月
  8月
  9月
附属鍼灸治療所 閉鎖
人間ドック健診施設機能評価 認定施設となる
(日本人間ドック学会認定)
経鼻内視鏡カメラ 新規導入
ヘルパーステーション 閉鎖
本館病棟3階にナースステーション設置
(本館56床、東館54床、西館43床、健管13床  合計166床
平成21年 2月
  4月
  5月
  10月
DPC対象病院の認定を受ける
PACS (医用画像ファイリングシステム) 新規導入
心臓CT 「64列MDCT」 新規導入
訪問看護ステーション「なでしこ」 学園大和町へ移転
平成23年 10月
公益財団法人日本医療機能評価機構ver.6 に更新
平成24年 2月
  6月
  9月
一般病棟入院基本料 7:1 承認
新病院竣工修祓式
奈良市鶴舞西町に、全面移転
リニューアルオープン
・緩和ケア病棟(24床) 新規開設
・人工透析センター80床に増床
・診療科目の新設
 腎臓内科・糖尿病内科・リウマチ科
・法人本部 設置
 総務企画部、財務部、システム情報部
・こぐま保育園 リニューアル
・3テスラーMRI装置
  (シーメンス社製)新規導入
・64マルチスライスCT装置
  (TOSHIBA社製)新規導入
・FPD式透視X線装置
  (島津製作所社製)新規導入
・FPD式一般X線撮影装置
  (FUJI FILM社製)新規導入
・ホームページ全面リニューアル


 ・緩和ケア 24床
 ・3北病棟 46床
 ・4南病棟 48床
 ・4北病棟 48床
     合計 166床
平成25年 1月
  2月
  5月
  7月
   
   
  10月
立体駐車場(252台)完成
血液浄化センターにて、オーバーナイト透析 開始
診療科目の新設:心療内科・精神科
電子カルテ&オーダリングシステム 新規導入
(株)ソフトウェアサービス(SSI) … e-カルテ&NEWTONS 稼働
診療科目の新設:脳神経外科
奈良県知事より 「 社会医療法人 」 の認可を受ける
平成26年 4月

  10月
  12月
   
消費税増税 ( 8% )
内視鏡カメラ(オリンパス社製) 増設
4階北病棟に、地域包括ケア病床(20床)の設置
法人本部の組織変更
   総務部、財務部、医療情報部、営業推進部(新設)
平成27年 1月
  10月
  11月


  12月
   
人工透析センターを 血液浄化センター に名称変更
マイナンバー制度 開始に伴い、システム導入(ミロク情報)
公益財団法人日本財団より 車輌2台寄贈
   ・日産キャラバン:1台
   ・日産キャラバン(車椅子対応):1台
血液浄化センターにて、CAPD ( 腹膜透析 ) 開始
法人本部の組織変更:人事部 新設
平成28年 2月
  3月
  4月
  6月

  7月
  10月
在宅訪問診療を開始
体外衝撃波結石破砕装置 (ESWL)(ダイレックス社製) リニューアル
こぐま保育園を(株)アイグランに業務委託
公益財団法人日本医療機能評価機構ver.1.1
   主たる機能:一般病院1と副機能:緩和ケア病院の認定を受ける
創立60周年を迎える ( 創立記念日:7月21日 )
内視鏡センター、手外科センター を開設
平成29年 1月

  2月
  8月
  9月

  10月
法人本部の組織変更
  人事部、システム部、財務部、事務部(庶務課・医事課)
在宅療養支援病院 の認定を受ける
超音波内視鏡(オリンパス社製) 新規導入
地域医療連携センター( 地域連携室と入退院支援室 )を開設
X線骨密度測定装置(日立製作所社製) リニューアル
地域包括ケア病棟:48床 ( 4階北病棟 ) を開設
平成30年 1月
  3月


  6月

  7月
  9月
駐車場の管理会社の変更管理会社:三井リパーク
エルゴメータ・CRT-1000(日本光電社製)を新規導入
移動型Ⅹ線撮影装置(日立製作所社製)リニューアル
内視鏡カメラ(オリンパス社製)リニューアル
病院長に、中山雅樹 医師 就任
名誉院長に、藤本隆由 医師 就任
多項目自動血球分析装置(シスメックス社製)リニューアル
健康管理センター:人間ドックのネット予約開始