入院の流れ

入院の手続き

予定入院の患者さまは、入院当日1階受付におこしいただき、下記の書類等を提出してください。
  1. 診察券
  2. 健康保険証・公費医療証(特定疾患医療受給者証等)
    限度額適用認定証(事前申請された方)
  3. 「入院同意書および保証書」(提出書類①)
  4. 「入院される患者さまへ」(提出書類②)
  5. 特別療養環境室(個室・準個室) に係る差額ベッド料支払い同意書」
……………個室・準個室をご利用の方のみ

※病室は患者さまとご相談の上決めさせていただいておりますが、病状により病室を決めさせていただくこともあります。

入院時ご持参いただくもの

  1. 印鑑(認印)
  2. パジャマ(前開きで、ゆったりしたもの。着替えをご用意下さい。)
    下着類・タオル類・ティッシュ・スリッパ・洗面用具・箸・湯のみ・水筒等のお茶を
    いれるもの・吸い飲み(必要な方)
    シャンプー ・リンス・ボディーソープ等

※オムツについては、ご持参されない場合は、病院指定の紙オムツを使用させていただきます。
※ご希望により、有料で病衣(パジャマ) の貸し出しを行っております。
※紛失・盗難等の危険があるため、貴重品、現金などは、必要最小限にしてください。
  万一の場合にも、病院はその責任を負いません。

現在、服薬中のお薬について

現在、お薬を服用中の方は、入院時にそのお薬をすべて
お持ちください
(他院の処方も含む)。



「お薬手帳」がある場合には、一緒にお持ち下さい。
当院で処方するお薬との重複や相互作用について確認いたします。
 
入院中に他の医療機関を受診したり、お薬の処方を受けることは、
原則、保険適用になりません。

患者さまの自己負担になる場合もありますので、入院中に他院での受診やお薬の処方が必要となった場合は、必ず主治医や看護師にご相談ください。 患者さまのご家族がかかりつけ医に行って、お薬だけを受け取ることもできません。

面会時間について

月~土 13:00~19:00
日 ・ 祝 10:00~19:00

  1. 指定の時間以外の面会、及び、やむを得ぬ理由でご家族の方等が滞在される場合は、
    病棟看護師長の許可を得てください。
  2. 面会は他の患者さまの迷惑にならない様、静かにお願いします。
  3. 面会の方も、院内での喫煙及び病室での飲食は、ご遠慮下さい。
  4. 面会される場合は、スタッフステーションまで声をおかけ下さい。

お食事について

  1. 患者さまのお食事は、病状にあわせてご用意いたします。
    補食される場合は、医師や看護師にご相談の上、その指示に従ってください。

    食事時間 …… ・朝食(7:45頃)  ・昼食(12:15頃)  ・夕食(18:00頃)

  2. 入院中のお食事は、国の保険制度「入院時食事療養1」に基づき提供し、
    負担額を頂戴しております。
  3. 一般の患者さまは、「常食(一般食)」となりますが、医師の指示で「軟菜食」や、
    治療の目的で「治療食(特別食)」となることがあります。
  4. お食事の変更を希望される方は、看護師までお申し付けください。ただし、締め切り時間を
    設けており、ご希望に添えない場合もございますので、ご理解、ご了承ください。
  5. 選択メニューを実施しております。対象の患者さまは毎週月曜日に配布される
    「選択メニュー申込用紙」にご希望の食事をご記入ください。
  6. 各病棟において、食事を召し上がって頂ける場として食堂(デイルーム)を開放しております。
    是非、ご利用ください。ご利用をご希望の方はお気軽に看護師までお声掛けください。
  7. 衛星管理上、お届けしましたお食事は、お早めにお召し上がりください。
    また残った食べ物は保存しないでください。
  8. 提供するお食事は、患者さまの栄養状態を把握し、管理栄養士を始めとして看護師や薬剤師、その他の医療スタッフが共同して管理しています。十分な食事が取れない場合は、お気軽にスタッフにお申し出ください。可能な範囲で対応させていただきます。

駐車場のご利用について

  1. 入院中の方の駐車は、短期・長期に関わらずお断りしております。
  2. ご入院の場合は公共の交通機関をご利用下さい。
    やむを得ず駐車された場合は、有料となりますので、ご了承下さい。
  3. 駐車場内での、事故・盗難・損傷等については一切責任を負いませんので、ご了承下さい。
  4. 入院患者さまのご家族及びお見舞いに来られた方の駐車場料金については、1時間無料とさせて
    いただきます。病棟スタッフステーションまで駐車券をお持ちいただき、認証を受けてください。
    (17時以降は時間外出入口横の守衛室にてお願いします)
  5. 以下の方は、病棟スタッフステーションにてサービス券をお渡しいたします。
  1. 入退院当日の付き添い
  2. 手術当日の付き添い
  3. 病院から来院の依頼をした場合等

■ 来院者駐車場料金体系

料金体系
外来患者さま
(当日受診のみ)
入庫から3時間まで無料 駐車券を病院内
にお持ちになり、
必ず割引認証
を受けて下さい。
以降5時間まで200円
終日 以降30分毎300円
一般の方
(外来患者さま以外)
終日 30分毎300円
最大料金 当日最大料金 1500円

※ お見舞いの方は、病棟スタッフステーションにて割引認証いたします。(1時間無料)


■「駐車券認証」の受付時間・場所
※ 入庫時にお取り頂いた駐車券を会計時に下記場所にご呈示の上、認証を受けて下さい。

  受付時間 場所
外来患者さま 24時間 総合受付

地域包括ケア病棟について

地域包括ケア病棟とは、国の方針により作られた病棟で、一般病棟(急性期病棟)での急性期入院や、救急・重症等への入院治療について、ある程度の期間を経過された方、症状が安定された方、急性期治療ではないが入院が必要な方等を対象とした病棟です。

当院では、一般急性期病棟は、3階北病棟・4階南病棟、地域包括ケア病棟は、4階北病棟となります。

医師、看護師、薬剤師、管理栄養士をはじめ、専従のリハビリスタッフや、病棟専任の在宅復帰支援担当者としてのメディカルソーシャルワーカー(社会福祉士)が配置され、急性期治療後の経過観察や退院支援調整、退院後のケア、リハビリテーション等、包括的なサポートをさせていただきます。



地域包括ケア病棟への転棟について

一般病棟から地域包括ケア病棟への転棟に際しましては、患者さまの状態により、主治医が判断し、看護師より患者さま・ご家族に案内の上、転棟・転室をしていただきます。(病状が安定した場合は、入院後すぐに転棟となる場合もあります。)

また、地域包括ケア病棟入院中に、病状の変化等により、集中的な治療が必要な場合等は、一般病棟への転棟・転室となる場合もあります。

入院期間について

当院の入院病棟は、「急性期一般病棟」「地域包括ケア病棟」「緩和ケア病棟」となっております。

また、「急性期一般病棟」「地域包括ケア病棟」でのご入院は、入院期間が次のとおりとなっておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。



高額療養費について

<70歳未満の方>
事前に現在加入されている健康保険証の保険者に申請し、「限度額適用認定証」の交付を受けていただき、窓口に提示することによって入院診療費のお支払いが自己負担限度額までとなります。
但し、食事療養費や保険外診療分(差額ベッド料・文書料・紙オムツ料金・病衣貸出料など) は、対象になりませんのでご注意下さい。

<70歳以上の方>
70歳以上の方は、高齢者受給者証、または後期高齢者受給者証を提示されることで、自己負担限度額までとなります。非課税世帯の方は、限度額がさらに低く設定されている『限度額認定証』の申請をしていただくことが可能です。自己負担限度額や食事療養費の金額は、所得区分によって変わります。
70歳未満の方と同様に保険外診療分は、制度の対象外となりますが食事療養費は一般の方より低くなります。

※詳しい申請方法などは、加入されている医療保険の保険者までお問い合わせ下さい。

入院費用について

入院費は泊数ではなく、1日(暦日)単位で計算されます。
(1泊2日入院の場合2日分として計算します)
1日とは0:00~24:00とし、24時間に満たない場合も1日として計算します。

  1. 入院診療費の算定方法
    当院は、D P C 対象病院 です。
    D P C(包括支払い方式)とは、従来の診療行為ごとに計算する「出来高方式」とは異なり
    患者様の病名、手術・処置や、合併する病気の有無などによって病気を分類し、その分類ごとに
    決められた1日当たりの包括評価の定額の診療費と、出来高評価の診療費を組み合わせて計算する方式です。
    D P C は、支払い方式の変更だけでなく患者さまに対して良質で効果的な医療、情報の透明化、病状管理の効率化を図るために実施されております。
    また、地域包括ケア病棟について、当院は「地域包括ケア病棟入院料1」を届け出ており、包括支払い方式で計算されます。ただし、一般病棟( D P C )と比べ包括される項目に違いがあります。



  2. 医療保険の場合
    それぞれの保険による所定の割合の自己負担金及び食事負担金となります。
  3. 交通事故が原因で入院された方へ
    交通事故が受傷原因の場合、原則として自由診療になります。
    入院費用は、患者さまが一旦病院にお支払いになり、領収書をもとに相手方に請求して下さい。(お支払いに関して、保険会社より連絡等が入った場合をのぞきます)
    但し、事故以外の診療分に関しては負担金をいただきます。
  4. 労災保険の適用を受けられる方へ
    仕事中・通勤途中に受傷した場合、労災保険の適用となります。その場合は、労災の必要書類を速やかに提出してください。ご提出なき場合は、患者さまの全額自己負担となります。
  5. 保険証を提示されていない方へ
    当月中に健康保険等の提示がない場合は、健康保険の取り扱いができませんので全額自費でお支払い下さい。
  6. 長期間入院される場合は、入院基本料が一部実費になることがあります。
  7. 差額ベッド料金について
    特別療養環境室(個室・準個室)をご利用の場合は、差額ベッド料を別途徴収させていただきます。(別表①参照
    差額ベッド料支払い同意書を提出してください。
    入退院の時間に関わらす、入院日・退院日をそれぞれ1日として、計算しております。
    (例えば、1泊2日で入院された場合、差額ベッド料は2日分として計算されます)
  8. その他
    (1)紙オムツ等料金(別表②参照) …… 入院中は病院指定の紙オムツを使用しております。
    詳しくは、スタッフステーションまでお問い合わせ下さい。
    (2)個室での電話使用料
  9. お支払いについて
  • ご入院中の方は、月末で締めて翌月15日に請求書を配布いたします。1週間以内に1階支払い窓口にてご精算下さい。(但し、15日が土 ・日曜日および祝日の場合は前日)
    平日午前中は、外来診療で窓口が大変混雑いたします。14:00~16:00の間のお支払いにご協力願います。
  • 退院の方のお支払いは、お帰りになるまでにお願いいたします。
    ※お支払いには、各種クレジットカード・デビットカードもご利用いただけます。

設備の利用について

  1. テレビ・冷蔵庫は各室に設置しております。(持込みはご遠慮下さい)
    設備利用料として、324円/ 日(税込)を別途いただきます。
  2. 洗濯は、各病棟備え付けのコイン式全自動洗濯機(30分100円)・乾燥機(30分100円)を
    ご利用下さい。
  3. 日用品、軽食等は、売店・カフェをご利用下さい。
  4. 公衆電話は、1 階・3 階・4 階に備え付けてあります。
    場所… 1 階エントランス、3 ・4 階デイルーム横
    携帯電話の使用は、他の患者さまのご迷惑になりますので、電源をお切り下さい。
    携帯電話は、所定区域の場所でご使用下さい。
  5. 病院正面出入り□は防犯の理由から、17:00 ~ 7:00の間は施錠させていただきます。
    緊急時は時間外出入り口横のインターホンを押していただければ対応いたします。
  6. 各自、お手回り品の盗難の予防には充分ご注意ください。
    特に電話がかかった時、治療のため等で病室を空けられる時はご注意下さい。
    高額な現金および貴重品は持ち込みにならないようお願いいたします。
    (院内での盗難等の責任は一切負いませんのでご了承下さい)
    やむを得ず持ち込まれた場合、「簡易な貴重品金庫」を設置しておりますので、
    必ずご利用下さい。(自主管理をお願いします

    尚、ご利用時は、預かり金1,000円を申し受けます。
    カギを紛失された場合は、3,500円をいただきます。
    詳しくは、病棟スタッフステーションにお尋ね下さい。

入院生活について

入院中は、ご自身のみでなく他の方にも気持ちよく充分な治療を受けていただくために、下記の事項にご留意下さい。
  1. 入院中は、治療・院内の規則等に関して医師又は看護師の指示に従って下さい。
    医師・看護師等の指示に従わない時、以下のような迷惑行為があった場合は、患者さま、ご家族の方の意思に関わらず、強制的に退院していただく場合があります。
    必要時は、警察に連絡し対応を一任する場合がありますのでご了承下さい。
    • 飲酒、喫煙した場合
    • 暴言、威嚇、侮辱、脅迫などの言動、または喧騒にわたる行為により、職員の業務を妨げたり他の患者さまに迷惑をかけた場合
    • 不合理な要求を繰り返し行い、職員の業務を妨げた場合
    • 医療機器、建物設備、備品等を故意に汚損、または破損した場合
    • 危険物を院内に持ち込んだ場合
    • 院内における窃盗、またはその未遂行為をした場合
    • 無断で外出、外泊をした場合
    患者さま、ご家族の方、職員の安全を守り診療を円滑に行うと共に、最善の医療を提供するためにもご協力をお願いします。
  2. 当院は主として急性期医療を担う病院として治療をおこなっています。
    緊急を要しない病気の治療は、退院後にお願いする事があります。
  3. 病棟・病室は、科別ではなく混合となっております。
    病状・入院の状況により、お部屋の移動をしていただくことがありますので、ご了承下さい。
  4. 携帯電話の使用は、他の患者さまのご迷惑になりますので電源をお切り下さい。
    携帯電話は、以下の所定区域の場所でおかけ下さい。
    1 階患者サロン・売店・カフェ・3 階デイルーム・4 階デイルーム
    尚、職員は医療機器の作動等に影響のない「ハンディコール」を使用しております。
  5. 消灯時間は21:00です。
  6. 入浴日・時間およびシャワーの使用については、スタッフステーションへご確認ください。
    (主治医の許可が必要です)
  7. 無断でスタッフステーション、他の病室に出入りしないでください。
  8. 外出・外泊は、必ず主治医の許可を受けてください。
    その際、所定の用紙に必要事項を記入し、スタッフステーションにご提出下さい。
  9. 病院敷地内は全面禁煙を実施しておりますのでご協力下さい。
  10. 付き添いをされる場合は、所定の書類に記入をお願いいたします。
    付き添いをされる方の、ベッド・毛布・布団・枕は有料で貸し出します。(一式432円/ 日 税込)
    但し、付き添いベッドの昼間のご使用はお控えください。

入院のお部屋について

当院は救急病院のため、随時、救急患者の受け入れをしております。そのため数ヶ月前に入院予約された方も部屋が確定するのは前日となります。入院時のお部屋はあくまでも予約ではなく、希望を伺っております。希望に添えない場合があることをご了承ください。
尚、第1希望のお部屋が準備できない場合は、前日に病院よりお電話をいたします。連絡がつかない場合は、入院当日にお部屋の説明をさせていただくこともありますので、ご了承ください。

その他注意

  1. 非常時の場合は、職員の指示に従って行動してください。
    また、廊下や病室に掲示している避難経路図にもお目通しください。
  2. 臓器提供意思表示カード(ドナーカード) 等をお持ちの方は、病棟事務員にご提示下さい。
  3. ご入院患者さまの郵便物や宅配便の発送のお取り扱いをさせていただいております。
    発送をご希望の方は、病棟のスタッフステーションにてお声をお掛け下さい。
    尚、お取り扱いが出来る郵便物・宅配便と受付時間は以下の通りです。
    • 切手貼り付け済みの普通郵便・速達郵便
    • 着払いの宅配便
    受付時間……9:00~15:00

  4. 電話のお取次ぎは、特別な場合をのぞき、夜間(21:00~8:40)はお断りしております。
    また、お取次ぎした電話は、手短かにお話しください。時間のかかる場合は、改めて公衆電話よりおかけ直し下さい。
    また、個人情報保護のため、電話による症状等の説明はお断りしています。
  5. 身体抑制について
    当院では患者さまに安心して治療を受けていただくために、安全な医療を最優先とし、 万全の体制で取り組んでおりますが、生命の危険や身体外傷の危険が予測される場合には、身体抑制をさせていただく事もあります。
  6. 職員が業務上、患者さまの処置に使用した針等で負傷した場合、労災の手続きのために該当患者さまの感染症を至急検査させていただきますが、ご了承下さい。
  7. 職員に対する一切の心付けは、固くご辞退申し上げます。

各種相談のご案内

当院では、患者さまとご家族の方々のための患者支援相談窓口を設置しております。
患者さまやご家族の方々が抱えていらっしゃる様々な不安について、ご相談をお受けしています。
医療費のお支払いや、退院・転院のご相談、介護保険や福祉サービスに関するご相談など、
お困りの事がありましたら遠慮なく、病棟看護師長又は患者支援相談窓口にご相談下さい。

退院支援相談について

当院では患者さまが安心して退院し、住み慣れた地域で療養や生活を継続できるよう、病棟に退院支援担当者(医療ソーシャルワーカーまたは退院支援看護師)を配置しております。ご入院されましたら、病状に合わせて早期(1週間以内)に病室に担当者がお伺いさせていただくことがあります。
その際に、療養生活において、困っておられることや不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。
また担当者が来室しない場合でも、何か心配なことがございましたら、1階の患者支援相談窓口、
または病棟数タフステーションにご相談ください。担当者が対応させていただきます。

退院について

  1. 主治医の診断により、退院が決まりましたら退院日に入院費用の精算をお済ませ下さい。
  2. 領収書は医療費控除の申告等に必要となります。再発行はしておりませんので大切に保管してください。
    ※退院会計についてご不明な点がございましたら、医事課入院係にお尋ね下さい。

診断書および書類について

診断書や書類が必要な時は、早めに職員にお知らせ下さい。
退院後の書類の申し込み・受け取りは、1階受付にてお願いいたします。

個人情報保護法について

個人情報の利用目的等につきましては、院内掲示でお知らせしておりますのでご確認をお願いします。
その他実施している事項として
  1. ご家族の方への症状説明(末尾に添付している『提出書類②』を提出下さい)
  2. 患者さまの呼び出し
  3. 入院の照会に関する回答
    • 来院されてお部屋を尋ねられた場合
    • すでに入院をご存知で「~さんにつないで欲しい」といわれた場合
但し、お電話での照会「~さん入院していますか? 」等のお問い合わせには、一切お答えいたしません。
上記の項目につきましては業務を適切かつ安全に実施する上で必要と考えております。尚、同意できない場合には受付までお申し出下さい。


【別表①】 特別療養環境室 差額ベッド料金表(税込)
平成29年9月現在
病棟 号 室 設 備 料金
(1日につき)
3階北 313・314 デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・洗面台
5,400円
307・308 デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・洗面台・トイレ
9,180円
306・309 デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・洗面台・トイレ・
ユニットシャワー
14,040円
304・305・310
(準個室)
間仕切り家具(デスク付き)・イス 3,780円
緩和
ケア
チューリップ・
マーガレット
バラ・ラベンダー
アマリリス・パンジー
デスクロッカーチェスト・ソファベッド・
テーブル・イス・ランプ・洗面台・トイレ
9,180円
スノーフレーク・アネモネ
ローズマリー・ガーベラ
スズラン
デスクロッカーチェスト・ソファベッド・
テーブル・イス・ランプ・洗面台・トイレ・
ユニットシャワー
9,720円
エーデルワイス ロッカーチェスト・ソファセット・テーブル・
ランプ・洗面台・トイレ・ユニットシャワー・
畳コーナー・流し台
22,680円
4階北 415・416 デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・洗面台
5,400円
406・407・408
409・410・411
デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・ 洗面台・トイレ
9,180円
401・404・413
(準個室)
間仕切り家具(デスク付き)・イス 3,780円
4階南 422・423 デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・洗面台
5,400円
429・430 デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・洗面台・トイレ
9,180円
427・431・437 デスクワードローブ・チェアベッド・
テーブル・イス・洗面台・トイレ・
ユニットシャワー
14,040円
428 ロッカーチェスト・ソファセット・テーブル・
ランプ・洗面台・トイレ・ユニットシャワー・
畳コーナー
22,680円
425・433・434
(準個室)
間仕切り家具(デスク付き)・イス 3,780円
※料金は1日につきの料金です。
※上記の差額ベッド料金に、設備使用料(テレビ・冷蔵庫)を含んでおります。


【別表②】 保険外負担額一覧表(税込)  
  平成30年4月現在
設備使用料 1 日につき 324円
付添ベット・布団一式 1 日につき 432円
紙オムツ各種 1 枚につき 108円
尿パッド 1 枚につき 64円
エンゼルセット 1式 5,400円
CD-R(個人用) 1 枚につき 216円
CD-R(保険会社用) 1 枚につき 1,080円
カルテ開示手数料(医師面談) 1 律 5,400円
カルテ開示手数料(コピー代) 1 枚につき 54円

各種文書料金 1 通につき

診断書(当院の様式)

2,160円
診断書(その他の様式) 3,240円
診断書(各種年金) 5,400円
健康診断書 3,240円
健康診断書(英文) 5,400円
死亡診断書 5,400円
死亡診断書(2通目以降) 3,240円
身体障害者申請診断書 5,400円
特定疾患診断書 2,160円
入院証明書 3,240円
通院・受診証明書 3,240円
領収証明書 1,080円
おむつ使用証明書 1,080円